「ほっ」と。キャンペーン

カメルーンにいます。亀人の子どもと大人と過ごしていく中、どんな日々がまっているのかな。。。。。


by shihooooooto

プチ発表会

一学期間、カメルーンの子ども、先生の様子が分からないところから活動を始めてきました。
そして年末のクリスマス祭りという発表の機会を使って日本語の歌と鈴ならしを発表しました。

e0145676_19215969.jpg
私とカメルーンの先生とで発表作りをして実践し、そして子どもたちは力を合わせて、やる気を持って活動に取り組んだと感じました。だんだんとそういう風になってきたと思います。
先生がやりすぎて子どもがやらされているだけってならないようなものを作りたい!
そして行った発表は、かわいかった!カメルーン人も頑張ってやったものだけに、子どもも現地の先生も喜んでいました。私もこれでよかったのではないかと思っています。すごいものが作れなかったとしても。

現場の先生は「あんたの活動だろ!」とは言いますが、カメルーン人が自ら作り上げてこそ価値があるので、私は提案し、方向付けて軌道に乗せて、サポートする。自助努力を促すそういう環境づくりをしていくようにしようとしてます。
でも難しいし、こっちも我慢できずにでしゃばっちゃったり、「おい~!!!!」ってなることが多いんだけどね。やっぱり我慢しないとアカン!!!!
異文化の中で、自分の思いを出そうとしたり、でも尊重したり・・・・
こんな感じの大変な思いしてる人は多いわな!!!

これから先も、また“何か目標に向かって頑張る”ということを実践の中で伝えていきたいと思います。先生も子どもも!教員がこういう実践を繰り返していく中で、この感覚を感じ取っていければと思います。

町はクリスマス、雪降んないけどクリスマスツリー、デコレーションがされています。日本ほどムードないけどね!

年末年始は、語学授業、隊員総会、いよいよ挑戦カメルーン山、帰国隊員送別会で、エボロワ離れます。
エボロワのクリスマスはこんな感じですが、ヤウンデはもっといいクリスマスムードがあるかな☆そしてカメルーンに来ても日本人、初日の出ご来光挑戦してきます!!!
e0145676_19314133.jpg

[PR]
by shihooooooto | 2008-12-20 19:36 | 教育