カメルーンにいます。亀人の子どもと大人と過ごしていく中、どんな日々がまっているのかな。。。。。


by shihooooooto

カテゴリ:教育( 3 )

プチ発表会

一学期間、カメルーンの子ども、先生の様子が分からないところから活動を始めてきました。
そして年末のクリスマス祭りという発表の機会を使って日本語の歌と鈴ならしを発表しました。

e0145676_19215969.jpg
私とカメルーンの先生とで発表作りをして実践し、そして子どもたちは力を合わせて、やる気を持って活動に取り組んだと感じました。だんだんとそういう風になってきたと思います。
先生がやりすぎて子どもがやらされているだけってならないようなものを作りたい!
そして行った発表は、かわいかった!カメルーン人も頑張ってやったものだけに、子どもも現地の先生も喜んでいました。私もこれでよかったのではないかと思っています。すごいものが作れなかったとしても。

現場の先生は「あんたの活動だろ!」とは言いますが、カメルーン人が自ら作り上げてこそ価値があるので、私は提案し、方向付けて軌道に乗せて、サポートする。自助努力を促すそういう環境づくりをしていくようにしようとしてます。
でも難しいし、こっちも我慢できずにでしゃばっちゃったり、「おい~!!!!」ってなることが多いんだけどね。やっぱり我慢しないとアカン!!!!
異文化の中で、自分の思いを出そうとしたり、でも尊重したり・・・・
こんな感じの大変な思いしてる人は多いわな!!!

これから先も、また“何か目標に向かって頑張る”ということを実践の中で伝えていきたいと思います。先生も子どもも!教員がこういう実践を繰り返していく中で、この感覚を感じ取っていければと思います。

町はクリスマス、雪降んないけどクリスマスツリー、デコレーションがされています。日本ほどムードないけどね!

年末年始は、語学授業、隊員総会、いよいよ挑戦カメルーン山、帰国隊員送別会で、エボロワ離れます。
エボロワのクリスマスはこんな感じですが、ヤウンデはもっといいクリスマスムードがあるかな☆そしてカメルーンに来ても日本人、初日の出ご来光挑戦してきます!!!
e0145676_19314133.jpg

[PR]
by shihooooooto | 2008-12-20 19:36 | 教育

幼稚園だよ

8月は旅行・セミナー等あり任地にほとんどいなかったので更新してませんでした(笑)

9月になっていよいよ新年度、幼稚園が始まりました。
日本の幼稚園でもあるけど家を出て幼稚園になじめなくて泣く子もいます。でも日本より少ないかと思う。

俺のこの国での教育活動テーマは“楽しみながら力を付けて心を豊かにしていく”ようにしようと思ってます。
ただそれがこの国のニーズに合ってるかはわからないけど、とりあえず何かしないと先が見えないので少しずつやり始めたところ。

最初にやってみたのはうたあそび。
日本の歌だけど歌詞を書いて、そして繰り返せば簡単な歌なら歌えるようになるからやっています。
楽しんでいる子は笑顔で歌い、「なんだろ、コレ?」って感じ方をしている子もいます。しばらくやってみれば友達と過ごす園生活が楽しくなりみんな歌うようになるかと思ってます。

そしていいのは、先生からやる気を感じるところ。ここの先生たちは気持ちがあるから、未来は明るいんじゃないかと思います。

今はこの段階ですが、ここからこの国の教育に必要なもの、足していきたいものを時間をかけて行っていき、子どもらが立派に大きくなれるためのきっかけになれたらいいな。まぁあと1年半あるから、もがきながらも何かいいことがあるでしょう(笑)
仲間・友達と「シンプルに、無理せんといこうや~」とよく話してるので、あせらずに行くようにしてみます。

こんな感じでやってみました~
e0145676_4302820.jpg



e0145676_4312976.jpg



e0145676_447311.jpg
[PR]
by shihooooooto | 2008-09-18 04:48 | 教育

教育省訪問

今日は自分が幼稚園で活動をしていくにあたり、カメルーンの幼稚園と小学校を管轄してる初等教育省へあいさつに行きました。

首都の中心あたり、省庁の集まる所にあるでかいビルです。
しかし行ってみると1階にはたくさんの人だかりが…

調整員(世話してくれてる人)から話を聞くと、「今は学校は春休みなので、先生たちが給料の話をしに教育省まで来ているのよ」とのこと。

給料のために先生たちが国家機関まで押し掛けてきているのです。日本ではそうそう見られない光景。
さすがアフリカだべ!?カメルーンに来てもうすぐ1週間ですが、まだまだサプライズがいっぱいだ~。
そんな1階の人々をくぐりぬけて応接間へ行く。


そしてカメルーンの初等教育大臣との面会をしました。
調整員や大臣、事務官などの人たちの会話で「こんな遊びや…」「ンバルマヨ、エボロワの街でボランティアが…」などとフランス語で会話が展開される。

少しだけわかるんだけど、ほとんどが聞き取れず理解できません。まだまだフランス語は難しい!もっともっと聞いて、話して、たくさん使えるようになっていきたいと感じました。

自分が挨拶をした時も「カメルーンの幼稚園を知りたい」「日本の遊びを伝えたい」ということを話してみたけど、なかなか伝わらず「Commen?(どのように?)」「Pouquoi?(なんで?)」などど質問がありました。
でもかろうじで自分の言いたいことが伝えられたようでした。


なんだかんだで大臣に挨拶をすることができました。その席でも話をしたんだけど、「もっとフランス語ができるようになっていきたい」ということを今一度強く感じました。

木曜日から現地での語学訓練が始まります。
これからもカメルーンを楽しく、がんばっていきたいと思ってます!
[PR]
by shihooooooto | 2008-04-02 01:34 | 教育